2013/10/01

【大高未貴】アメリカ慰安婦問題レポート Part1、グレンデール市長・ブエナパーク市長インタビュー[桜H25/9/30]

筋違いの民族憎悪をアメリカに持ち込もうとする在米韓国人のロビー活動に乗せられ、市の公有地に「慰安婦像」を設置してしまったアメリカ・カリフォルニア州グレンデール市。この愚行を推進したフランク・クインテーロ前市長は既に退任し、現在は設置に反対票を投じたデイヴ・ウィーヴァー氏が市長を務めている。ウィーヴァー市長が懸念したように、グレンデール市は日本人から最も非友好的なアメリカの地方都市として認知されてしまっており、市の未来には目に見えない負債が重くのしかかっていると言えよう。一方、グレンデール市に続いて慰安婦像設置が持ち上がったブエナパーク市では、エリザベス・スイフト市長の賢明な判断により設置が却下され、韓国人の設えた泥船に乗るような愚行は避けられた。この2つの都市で在米韓国人はどのような工作を行って来たのか?大高未貴が現地に飛んで、グレンデール・ブエナパーク両市長へのインタビューを中心に、アメリカ人の抱く認識についてお伝えします。




http://www.nicovideo.jp/watch/1380530149

0 件のコメント:

コメントを投稿

zenback

ニコニコ関連ブログリスト